×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

営業職 の やりがい と 求人

営業職のやりがいを知れば、求人があればすぐに応募すると思うのです。でも、営業職のやりがいには、二つあると思うのです。この二つがわかれば求人があった際、面接でアピールでき、内定ももらうことが出来るのです

営業職 の やりがい と 求人

営業職のやりがいは、二つあると思うのです。

一つは、目に見える成果を上げることができることと、

もう一つは、自分を成長させることが出来ることだと思います。

特に、営業職のやりがいで数字で成果が見えることは、

いろんな意味で自分への刺激となると思うのです。

営業職はなんと言っても、会社への利益を生む出す、

重要な職場であり、責任があるといえます。

でも、最近の傾向として、営業職のやりがいを感じていない人が、

非常に増えてきていると思います。

それは、不景気につれ、商品やサービスが、

売れにくくなってきているということなのです。

以前は、右肩上がりで顧客を頻繁に回れば、

仕事がもらえてきたのですが、

不景気になるにつれ、余分なものは買わないという、

風潮が広がってきたからなのです。

営業職のやりがいのもう一つに、

自分を成長させることがあげれれるというのをあげたのですが、

それは、特に今、商品やサービスが売れにくくなるにつれ、

自分で考えて戦略を練り、自分ならではのツールを作ったり、

色々売り上げを伸ばす実験が出来ることです。

自分で創意工夫をし、注文をもらえるときの快感には、

凄いものがあります。

私自身仕掛けた戦略から成果が生まれたとき、

思わずガッツポーズをとってしまいます。

これを繰り返すことによって、

気が付いたら信用されるようになり、

このことならあの人に聞けという風な、

自分のブランドができるのです。

営業職のやりがいのいいところは、

成果が自分で感じられるところなのです。